\消費者金融おすすめ1位/

トップページ > 青森県

「急な出費でお金が足りない」
「家族に内緒で申し込みできる?」

当サイトでは青森県で大手消費者金融および中小消費者金融を利用したい方に、人気の即日キャッシングをご紹介しています。家族や知り合いにバレないようにお金を借りるなら、即日融資や即日審査に対応している大手消費者金融および中小消費者金融がおすすめです。スマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査なら誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中小消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

中小消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

青森県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

消費者金融の基礎知識コラム

大学生の弟が、バイクの購入資金に充てるために返すあてもないくせにキャッシングでお金を借りていたことが親バレしてしまいました。

実家から遠く離れたところで暮らしていることもあり、家族の誰も、彼がキャッシングに手を出したなんて知る由もありませんでした。

けれど、弟が支払いをきちんと行わなかったせいで親に支払うよう連絡がきてしまい、それが親バレにつながったという次第です。

最終的には、お金はしっかりと親が支払いました。

無論、親はかなりご立腹で、弟は気の毒なぐらい怒られていましたね。

専門学校の卒業が間近になった頃、僕は憂鬱でした。

単位不足で卒業が6月に延期になったからです。

学費もそれだけかかります。

親に言えばいいと思うかもしれませんが、ただでさえ自分にお金かかってるのにと思うと言えなくて、学生でも借りられるというローンを申し込もうとしたことがあります。

ただ、社会人でもないのにどこで借りられるかわからず、バレるかと思うと先輩や友人に聞くこともできなくて結局、借りることはなかったです。

バイトしていても手一杯の状況でしたから、それでは到底、返済できませんよね。

いまだから言えることですが、たまたま無知が良い方向に向いただけなんだと、ラッキーだったと実感しています。

自立するまでは、お金のことは誰かに相談するようにしたほうが良いですよ。

便利なカードローンですが、使うと明細書が送られてくることは避けられませんでした。

やましくなくても家族に口出しされたくないことってありますよね。

勤務先に送るのは以前ダメだったので、ほかに家族に秘匿する手段はないかと「ローン 明細 送付なし」などの言葉で検索したところ、けっこうフツウにそういう会社が存在することに気づきました。

それも、大手銀行系や老舗金融などで。

大手では金利はさほど変わらないことを知っていたので、新生フィナンシャル系のレイクALSAにしました。

ここは180日間無利息というプランがあるんです。

契約は無人店舗の自動契約機を利用しました。

電話でオペレーターが疑問点に答えてくれたので、初めてならネットより店舗のほうが良いでしょう。

明細書もネット上で確認するので自宅に送られてくることはないそうです。

家族に知られないのがこんなに安心できるとは思いませんでした。

近年のキャッシングの変化は目をみはるものがあります。

申込ひとつとってもインターネットやスマホアプリで手続きできてしまいます。

数年前にもネット申込はありましたが、それ以外の郵送や確認作業等が付帯しているのが普通でした。

いまの人からすると「ホントにネット申込?」ですよね。

最近では小額なら収入証明も不要で、ウェブだけで融資が受けられます。

PCの前に座っているだけで(スマホなら外でも!)借り入れできるのですから、こんな時代になるなんて、喜ばしいことです。

技術の進歩に感謝しなくてはなりませんね。

ひとつのキャッシングサービスでは借入金が足りなくなった時、他の業者と契約してお金を借りたいと考える方は多いです。

他のキャッシング業者と契約できるかどうかは、契約者の社会的信用度がどれだけ高いのかによって異なります。

とはいえ、あまりに多い業者をいっぺんに使ってしまうと、すぐに信用度が無くなってしまうでしょう。

また、無事に契約できたとしても、複数契約は返済が複雑になります。

おまとめローンなどを使って一本化しようと思っても、4社を超えるキャッシングを利用していると、そのことが問題になり審査で落とされる可能性が高いです。

返済計画を立てた定期的な借り入れを計画しているのであれば、できるだけ少ない業者でキャッシングするようにしましょう。

金銭の受け渡しは、もめ事につながります。

名前を借りることだけでも避けるべきです。

軽い気持ちでお金を借りようとして金融業者に年収の証明書類の提出が必要になることがあります。

それを提出したにもかかわらず年収の3分の1が借りられる額の上限でしょう。

そうなったら、次に考えるのは他人の名前を名乗って借りることでしょう。

ただ、これもお金を貸してもらうのとほとんど一緒ですので、止めましょう。

この間、すぐにキャッシングして貰いたいと思い、モバイル機器から借入れ申し込みをやってみました。

スマホからの申し込みなら、手続きが早くなるため、借入れ金が口座に入るまでの時間がすこぶる短縮になるからです。

予想通り、短い時間で入金してもらえたのです。

光熱費と住居費節約のため会社の寮に入りました。

しかしとても忙しく、飲み代を払ったりしていた結果、自分の支払いのほうで困るようになっていました。

初めて作ったクレジットカードのことを思い出したのはこのときです。

「キャッシングを使えばいい」と気づいたときは、正直ホッとしました。

設定した記憶はありませんでしたが、たしか20万くらいでしょう。

自分の口座から出すみたいに簡単だし、月々いくらかに分けて返済していけば良いのです。

ボーナスで返せるからと、サクサク使っていたら、すぐにキャッシングの上限に達してしまって、あわててボーナスは全額返済にあてることにしました。

便利なキャッシングですが、気軽に利用しても忘れてはならないのが返済期日です。

支払が遅延すると元金+利息分+遅延損害金を払う必要があるので出費が増えます。

多少ならいいやと思うのは間違いで、延滞の回数や遅延日数の記録は残るので、あまりひどいと金融機関のブラックリストに載ってしまうと今後何年かにわたってキャッシングができなくなることもあるのです。

便利に借りて、便利に返すのがキャッシングではないでしょうか。

返しやすい環境も整備されているので、それらを使いこなして返済日に間に合うようにするのがスマートです。

延滞の許容範囲はどのくらいかと考えるより、まず、延滞しないことを肝に銘じておくようにしてください。

キャッシングをするときに会社の『信頼度』を気にして、その尺度に大手であることを挙げる人は多いです。

三井住友銀行系のSMBCモビット、新生銀行系のノーローンなどのほかに、老舗消費者金融のアコムやプロミスなどがよく知られています。

CMや広告など宣伝費をかけている会社をあえて選ぶ利点は、いわゆる利率が低いことでしょう。

月々の収支をきちんと把握して利用すれば、利息分の負担が少ないほど支払い(返済)が楽になるのは言うまでもありません。

また、延滞を起こしにくいというのも事実です。

おすすめ1位のプロミス