\消費者金融おすすめ1位/

トップページ > 茨城県

「急な出費でお金が足りない」
「家族に内緒で申し込みできる?」

当サイトでは茨城県で大手消費者金融および中小消費者金融を利用したい方に、人気の即日キャッシングをご紹介しています。家族や知り合いにバレないようにお金を借りるなら、即日融資や即日審査に対応している大手消費者金融および中小消費者金融がおすすめです。スマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査なら誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中小消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

中小消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

茨城県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

消費者金融の基礎知識コラム

急な出費の代表的なひとつが引っ越しです。

引っ越しの計画が数か月も前から分かっていた場合は問題ありませんが、突然の辞令で、早急に引っ越しの準備をしなければならない時もあります。

こんな時、金銭的に頼れる相手がおらず資金繰りに苦労したという人も意外と多いのです。

このような事態に備えて、キャッシングの利用をおススメします。

即日融資や無利息の特典がついたところ、あるいは金利が低いところなど、非常に魅力的なサービスが揃っていますから、活用できれば引っ越し費用に頭を悩ませずに済むでしょう。

お金を借りるときは、期日や金額ばかりが気になり、金利が高めの借換やおまとめローンなどに頼ってしまいがちです。

ただ、生活資金に限って言えば、社会福祉協議会(通称は社協)を訪ねてみるのもありだと思います。

低金利(3.0%以下)でお金を借りることができます。

ただ、審査はあります。

緊急小口資金貸付、生活福祉資金貸付など社協では複数の貸付制度があって、連帯保証人がいれば無利息になるというのも大いに助かります。

民間融資と公的融資。

どちらもよく調べて、誤った判断をしないように気をつけましょう。

いっぺんに返済可能な程度の少額の借り入れなら、利息なし期間が設定してあるような金融会社を選択するのが賢い人のやり方と言えるでしょう。

利息がかからない期間中に一括返済ができれば普通ならかかるはずの利息が全くかからないので、このサービスを使えばとてもお得になります。

自身の状況によって一括返済を行わない場合でも無利息OKの期間があるような金融業者の方が借り入れがお得にできるなんてこともあるようなので、いろいろな業者をよく比較検討してみましょう。

今、派遣で働いている人でも、キャッシングでお金を借りることができます。

やはり、正社員に比べると、少しばかり信用度が下がるため借入限度額が低くなる可能性が高いですが、月々に安定収入があるのならば、審査に落ちることはありません。

派遣社員の場合、在籍確認の連絡は申請者の籍がある派遣会社そのものか、働いている会社のどちらかに連絡がいきますが、前もって業者にそのことを伝えておけば、ご自身の都合の良い方に連絡がいくように対応してくれるでしょう。

借り入れ審査でNGが出る人は、ほとんどが収入のない人です。

自分に収入があるということが確実に満たさなければいけない要件となるので、その項目を満たしていない人は使用できません。

必ず稼ぎを得てから申し込みをしてください。

それと、すでに多額のキャッシングをしている人も、審査に通る事はないでしょう。

万が一、キャッシングの返済期限までにお金を用意する目途が全く立っていないというのであれば、その時点で早急に業者に連絡してください。

連絡を入れておけば、返済期限を少しだけ先にしてくれるかもしれません。

それに、連絡をしないまま滞納すると、信用度が下がってしまいますから、絶対に連絡を忘れないようにしましょう。

なお、返済日になってから電話しても遅延扱いで処理されてしまうので、最低でも1日前までには連絡を入れるよう、心がけてください。

先日の日曜日、子供が急に発熱と嘔吐を繰り返し、病院へ行くことになりふとした時に財布を見ると現金が少なかったことがありました。

しかし、必要とはいえ、休日にどこかで急にお金を借りるのは可能なのか?と一瞬焦ってしまいましたが、スムーズにお金を借りることができたのです。

それまではキャッシングが休日でも利用可能とは全く知識もなく、考え付かなかったので、キャッシングがいつもと変わらず普通に借り入れできると知って本当に助かりました。

とても便利なサービスです。

支払うだけの金銭の準備が出来ていなかったりして、返済日の支払いができなくて一日でも延滞してしまうと、翌日には連絡がくるでしょう。

それにも応じず延滞をするのなら、最後には所有する財産の差し押さえが施行されてしまうことだってあるのです。

これは賃金に対し施行されます。

テレビドラマで描かれるような直接業者が来て家財などを差し押さえていくなんてことは事実ではありません。

キャッシングサービスとは、銀行や消費者金融などの金融機関が提供しているサービスで、必要に応じて融資を受けることができます。

他にも、クレジットカードのキャッシング枠からお金を借りる場合もひとつのキャッシングです。

消費者金融や信託会社などはノンバンク系と言われ、銀行とは区別されます。

どうして、このような区分けが必要なのでしょうか。

それは、銀行のサービスとそれ以外の業者と借入契約を結んだ場合、定められた法律が異なるのです。

どういうことかと言うと、銀行には銀行法が、ノンバンクは貸金業法によって定められているのです。

給料が正規よりも安く抑えられると企業から人気の派遣社員ですが、アルバイトとは違うのでお金を借りに行っても何か問題がありそうですが、実際は違います。

カードローンの審査の壁さえもコマーシャルで連呼されているおなじみの会社のいずれもがスムーズに貸し付けてくれることに驚かされると思います。

派遣社員の扱いが上がっただけでなく金融会社も過当競争で顧客獲得の必要性に迫られたのか、アルバイトにまでその門戸を広げ、お金を貸すことが増え、融資にゴーサインが出ることが多くなってきています。

状況が許さずあきらめ続けていても、アルバイトにだってお金の要る時はあるもの、どこかに貸してくれる会社がないか探してみるのもひとつの手ですね。

おすすめ1位のプロミス