\消費者金融おすすめ1位/

トップページ > 福島県

「急な出費でお金が足りない」
「家族に内緒で申し込みできる?」

当サイトでは福島県で大手消費者金融および中小消費者金融を利用したい方に、人気の即日キャッシングをご紹介しています。家族や知り合いにバレないようにお金を借りるなら、即日融資や即日審査に対応している大手消費者金融および中小消費者金融がおすすめです。スマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査なら誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中小消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

中小消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

福島県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

消費者金融の基礎知識コラム

キャッシング枠が設けられているクレジットカードを使って現金を手にすることは利用者にとってはかなり楽な手段だと言えるでしょう。

カードが発行されて手にしたときにはすでに審査はキャッシング利用の場合についても併せて通過しているということにつながりますから、そのカードのキャッシング枠の最高額までであれば街中に設置してあるATMなど、利用者のお好きな場所でわざわざ新たに複雑な手続きをすることなく借入をすることが可能になりますので、頭に入れておいてください。

現金が必要になりキャッシングをする際にはいろいろな会社のサービスを比較対照しますが、そのような段階において、とにかくまず第一に注視してほしい事柄として外すことが出来ないのが貸金業者が設定している金利についてです。

大した差がなく何処も同じだろうと思うかも知れませんが、借り入れ金額が大きくなってくるというケースだったり、完済するまでに時間がかかるような場合には合計された返済金額をチェックしてみますとかなり大きな違いが出てきてしまうものなのです。

キャッシングというのは、カードローンと同じ趣旨だと思いがちですが、返済方法が異なります。

一括で返済をする目的でクレジットカードによって現金を引き出すのがキャッシングで、分割払い希望の際はカードローンといわれます。

カードローンは毎月の返済は簡単ですが、利息を考慮しなければなりませんし、どちらにしても延滞の際には注意が必要といえます。

一般的に、身分証明書さえ用意しておけばキャッシングの新規契約が結べます。

ですが、一定額以上の希望限度額を提示した場合や、事業主などのケースでは、本人確認書類と共に、収入証明書の準備が必要になります。

具体的にどのようなものかというと、会社員などは年末に会社が発行する源泉徴収票を用意すれば、まず問題ありません。

源泉徴収票を用意できないというケースでは、確定申告書(提出印アリ)の控えや課税証明書などが必要になるので、あらかじめ用意をしておきましょう。

その昔、お金というものが世の中に登場してからというもの、その貸し借りには、様々な約束事が存在しており、いずれの場合でもそれなりに返せる見込みがあり、もしもの場合、肩代わりしてくれる人まで付けるのが当然で、その人の収入に関する保証がいらないなんて事は、どういう根拠に基づいて行なわれているのか疑問ですが、こんな時代ですから、借りる金額がさほど多くない限り、収入関係の証明書は提出する必要がないことは当然のことらしく、顧客の間にも広まってきているようです。

小額の基準は自分が考えていたより高く、数百万円までと言うことで、常識的に考えれば、とてもそうは言えないような金額のようです。

ということで、そこそこの金額から数百万円ぐらいまでの金額の借金なら、いつでも収入証明書なしの実質フリーパス状態で認められるという、信じられない状況が出来上がっているのです。

お金が必要な事態に陥り、どうしても借りなければならない時、救いの神になってくれる可能性大です。

もし、生活費をキャッシングするのであれば、利用するのはなるべく最低限の金額にして、返済の見通しが立つような金額に留めなければ、返済に苦しめられることになるでしょう。

ちょっとの生活費だからと甘く見ていてはいけません。

その積み重ねが命取りになるので、キャッシングにすぐ手を出すのではなく、注意するべきです。

キャッシングの前には一度、必ずどのように返済するかを考えてから、利用してください。

カードを利用しての借入では、契約した業者のATMか、または、提携先のATMで行うと思いますが、業者は全てのコンビニと提携してる訳ではありません。

頻繁に立ち寄るコンビニのATMが利用できるところにすれば、当然、そのコンビニから借入、返済も出来るので、とても利便性に優れていると言えるでしょう。

カードローン選びは借入や返済方法なども考えて決めると、使いやすくなります。

さて、実際にカードローンを組んだ場合に気にかかるのが、会社が設定した金利の割合です。

TVでも放送されているカードローン会社のCMは一つではありませんし、コマーシャルで宣伝している金利の割合は、各社がそれぞれ異なった金利が表示していますよね。

金利の割合が高いということは、利息も高くなってしまうため、金利を確認して、安いところを選ぶのがおススメです。

キャッシングの支払いができなくなってくると、借金を借り逃げしようと考える人も珍しくありません。

ですが、正直言って、無謀なことですからおススメはできません。

具体的な方法ですが、単純に言うと5年間全く借入返済しなければ時効になります。

とはいえ、その間に一度でも連絡が付いてはいけませんから、携帯電話などのすべてを解約し、住民票を移すこともできずに逃げ回らなければいけません。

5年という期間は一定のものでなく、業者が裁判や差し押さえの手段に出れば、時効までの期間がストップしてしまうでしょう。

逃げるという選択肢は捨て、返済可能な方法を探って下さい。

キャッシングやカードローンでは、借り換えを上手に使っている人たちがいます。

複数の金融機関からお金を借りていたり、月々の返済額では苦しくなってきたときに、新しくローンを組み、そのお金で、古いほうの債務を一括繰上返済するのです。

間に合わなくて延滞履歴がついてしまうこともありませんし、返済日を先延べすることができます。

ただし、次の返済日までの時間的な余裕はできるものの、条件が代わるので金利が上がる可能性もあり、長期返済で利息分が増えるといった点も考慮しなければなりません。

今回あぶないからといって安易に借り換えをするのも考えものです。

借り換えを申し込む前にいま一度考えることが得策です。

おすすめ1位のプロミス