\消費者金融おすすめ1位/

トップページ > 福井県

「急な出費でお金が足りない」
「家族に内緒で申し込みできる?」

当サイトでは福井県で大手消費者金融および中小消費者金融を利用したい方に、人気の即日キャッシングをご紹介しています。家族や知り合いにバレないようにお金を借りるなら、即日融資や即日審査に対応している大手消費者金融および中小消費者金融がおすすめです。スマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査なら誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中小消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

中小消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

福井県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

消費者金融の基礎知識コラム

キャッシングでお金を借りようと思った時、ほとんどの人は銀行系のキャッシングサービスを希望するのではないでしょうか。

銀行系を選ぶメリットとしては、金利があまり高くないので、利息が比較的安く済むということでしょう。

それから、法律によって定められた限度額の規制(年収の3分の1以下)の対象外ですから、比較的、借入限度額が高くなります。

申し込み時間によっては、その日のうちに融資を受けられますし、銀行ゆえの安心感と信頼感は大きいです。

さらに、銀行系のキャッシングは利用できるATMの数がたくさんあり、最寄りのコンビニATMが使えることも多いので、利便性がかなり高くなります。

一方で、審査は厳しめのため、融資を受けられる人は限られますが、もし、審査に通過するのであれば、銀行系のキャッシングを選びましょう。

時間をかけずに借り入れしたい人は、オンラインキャッシングが便利です。

申し込みから融資までが早く済ませられるので、利用しましょう。

審査に落ちてしまうと貸し付けてもらえません。

ですから、審査の時間も待てないという緊急のケースにもピッタリです。

業者によっては、希望する銀行口座に貸付金を振り込んでらえるサービスもあるので、事前に総合情報サイトなどで自分に適したサービスがあるかどうかチェックしておくと完璧です。

カードローンやキャッシングで借り入れた額を返済するときには、支出が多い世代にフィットするリボルビング(分割定額制)方式のメリットが見直されています。

総返済額は一括返済より増えますが、なんといっても月々の返済額が一定なので、生活を圧迫することなく返済できます。

もちろんあとから繰上返済することも可能です。

融資上限は決まっていますが、返済した分は復活するので、必要に応じてまた借りることも可能です。

それでも変わるのは返済期間だけで、月々の支払額は変わらないので無理のない収支計画がたてやすい点が、いま再評価を得ている理由でしょう。

簡単な手続きですぐにお金が借りられるキャッシングは、その利便性の高さが知られるに伴って、若い人の間では利用している人も珍しくなくなりました。

キャッシングサービスというと、消費者金融系のサービスをイメージする人も多いかもしれません。

しかし、今は、銀行のサービスやクレジットカードのオプションで付いているものもあるので、キャッシングはもはや、あって当たり前の存在になっています。

しかし、簡単に融資を受けられるので返済の見通しが甘くなってしまい、負債を抱えてしまう人もよくあるのです。

当たり前のことですが、キャッシングのお金は絶対に返さなくてはいけません。

そのことを忘れずに分別を持って利用しましょう。

社会的には無職だけれども、就職活動中で内定が出ている状態というのは、キャッシングできるかどうか、疑問に感じたことはありませんか?実際のところあまり多くはありませんが、業者次第では審査してくれます。

一般的な審査では、申請者の勤務先に虚偽が無いか在籍確認されますし、収入を得ていなければならないのですが、申し込みをした業者に現状を伝えれば、審査をパスできるかもしれません。

主婦がカードローンを申し込む場合、借金する人に月々返済できるだけの収入があることがカギとなりますが、収入がゼロの人でも、夫の収入によって借入ができるでしょう。

こんな場合の貸付を配偶者貸付と呼び、銀行では、この制度を使ったローン作成を行って、契約を取り交わすことができる場合が数多くあります。

銀行とは違い、消費者金融の場合だとこの配偶者頼みの貸付制度はほとんど行われないといってもよいでしょう。

過去に申込したローンやキャッシングの返済状況により、カードローンの借入限度額が変わってきます。

いくらまで借りられるのかは審査会社によって変わるのですが、ほとんど同じような金額になると思ってもらったほうがいいと思います。

きちんとした審査を行っていて、正規の届出をしている金融業者では、ほぼ一緒の審査方法を採用している為です。

よって、申し込んでも審査が通らなかったとなると、違うところからの借入も難しいかもしれません。

利便性の高さから利用者が増加しているキャッシングですが、少し注意が必要です。

キャッシングは他種のローンと比較すると圧倒的に使いやすいですが、高めの金利が設定されているので、一回のキャッシングが少額だから大丈夫と思っていても、利子が重なり返済が滞り、利息によって借金が返済不能になるほど膨らんでしまうかもしれません。

日常生活の中でキャッシングに頼ることが当たり前になってしまうと、返済と借入を繰り返す自転車操業のような危うい生活になりかねません。

返済が厳しいと思った段階で、頼れる人にお金を借り、無理のない範囲で完済を目指した方が良いでしょう。

改正された貸金業法で1社で50万、もしくは他社と合わせて100万を超えるキャッシングの場合は年収を証明する必要がありますが、裏を返せばそれより下であれば年収がいくらであるか証明しなくてもよいということも考えられます。

ただし、それに満たなくても年収を証明できるほうが望ましいかもしれません。

毎回のキャッシングの審査で、職場にまで在籍確認の電話がありますが、ちょっと煩わしいですよね。

とはいえ、身内でもなく顔も知らない人間に気持ちよくお金を貸してくれる人が居るのでしょうか?周りを見てもまずありえないですよね。

仮にお金を無条件で貸してくれるとなれば、それはとても普通であるとは言えません。

ですので、カードローンの場合も同じで絶対に審査は必要なものですから、避けて通ることは出来ません。

おすすめ1位のプロミス