\消費者金融おすすめ1位/

トップページ > 沖縄県

「急な出費でお金が足りない」
「家族に内緒で申し込みできる?」

当サイトでは沖縄県で大手消費者金融および中小消費者金融を利用したい方に、人気の即日キャッシングをご紹介しています。家族や知り合いにバレないようにお金を借りるなら、即日融資や即日審査に対応している大手消費者金融および中小消費者金融がおすすめです。スマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査なら誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中小消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

中小消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

沖縄県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

消費者金融の基礎知識コラム

キャッシングで、最も早くお金を必要とするなら、写真がついた本人確認書類を揃えて自動契約機を利用して申し込んでみましょう。

それが一番簡単で、借り入れの可否もすぐにわかりますから、突然の出費対策に向いています。

キャッシングも借金ですので過去の信用状況を調査し、勤務先への在籍確認をして審査を行います。

キャッシングしたお金を期限までに返すことや、より安定した収入の確保といった、会社側が提示する借り入れ条件を満たさなければなりません。

今月はやりくりが厳しいなぁというときにはキャッシングを利用できると助かりますが、専業主婦にとっては関係がないこと、と思ってあきらめてしまう人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

知らない人も多いようですが、専業主婦でも融資を受けられるキャッシングも存在しています。

専業主婦でも大丈夫なキャッシング会社では、配偶者に一定の収入があるならば、審査をクリアしてキャッシングの利用が可能となります。

何らかの都合で、キャッシングを申し込んだ時とは環境が変わることもあると思います。

転職した場合は、早急にキャッシング業者に連絡を取りましょう。

もちろん、現住所や電話番号に変更があった時も速やかに連絡しましょう。

誤解されがちなのですが、転職したことが業者に伝わるとお金が借りられなくなると思われている方も多いようです。

ですが、すぐにキャッシングの利用停止措置がとられるという話は聞いたことがありません。

逆に、変更の連絡をしないまま、後からバレてしまうと、悪気が無くとも虚偽の申請とみなされて大きなペナルティになります。

どのような金融機関でも、キャッシング利用のある人は自分がよく利用する会社の金利を把握し、それに加えて他の会社の金利も常に気にしておいてください。

低金利の会社を見つけられたら、すぐ動きましょう。

借り換えをしてみましょう。

支払額は抑えることが可能になります。

金利の差は、ごくわずかのように見えても長い間の差を考えると負担の差はかなりのものになります。

私は結婚する前に、キャッシングで膨らんだ借金の返済でいつもお財布の中が苦しいという状態になっていました。

転職先の給与が低かったのにミエをはって以前と同様にお金を使っていたので、これではお金が足りなくなるのも納得です。

そこでキャッシングで現金を手にしたというのが顛末です。

ありがちなことかもしれませんが、その後もそこで見なおせば良かったのに止めないものだから、借入金の元金を減らすめどが立たず、結婚して外に出ている姉をのぞく家族全員からお金を借りて、なんとか一括返済し、それからキャッシングは利用しなくなりました。

住宅ローンの審査では、金融機関が提供するキャッシングサービスを使ったことがあると、審査をパスしにくいというのは知っている方も多いでしょう。

おそらく、金銭管理が甘いと思われるのだと思います。

まだ返済が残っていたり、滞納したことがあれば、住宅ローンの審査は落ちると覚悟しておきましょう。

しかし、キャッシングの利用が五年以上前という場合は、あまり関係がないようです。

キャッシングについての規制でよく知られているのが、総量規制でしょう。

これは、借り入れ可能額が年収の3分の1という規制のことです。

消費者金融にこの規制は適用されますので、銀行はこの法律とは別の管轄の法律であるため、当てはまりません。

数社でキャッシングしている時はそれらも含めた借金総額が判定額になります。

このごろ、キャッシングはさらに便利になっています。

例えば、一定期間ならば無利息で借りることができるキャッシングサービスが珍しくありません。

ですが、対象者になるのかどうかは業者の設定した条件で変わってきますから、事前に各業者の条件を比べておきましょう。

とくに、無利息期間がいつからいつまでなのかという点はきちんと調べず申し込む人が多いので、しっかりと確認するようにしましょう。

なお、返済時に手数料がかかる方法を選んでしまうと、無利息でも手数料分が積もり積もって高額になることもあると意識しておいてください。

消費者金融などからのキャッシングというのは他の大型のローン内容などとは違って少々のお金を貸し付けしてもらうという状態のことを指します。

金融業者から貸し付けをしてもらうというケースならばその代償として保証人や担保(物件や土地など)を用意します。

ただし、少額のキャッシングということであるならば家族に保証人を依頼したり、物件を担保にしたりという面倒な手間は省くことが出来るのです。

申し込みの際に身分証明書を用意しておくことで、すべて完了となりますから、気軽に利用できます。

プロミスで借入れを行う場合、店頭窓口やATMはもちろん、インターネットや電話からも申込みすることが可能です。

三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座を利用されている方であれば、キャッシング申請が正常に完了され少なくとも10秒程度で指定した口座に入金されるサービスを利用することが可能です。

女性用の専用ダイヤルや30日間は金利がかからない期間があるのも、プロミスのキャッシングが人気の理由といえるでしょう。

おすすめ1位のプロミス