\消費者金融おすすめ1位/

トップページ > 島根県

「急な出費でお金が足りない」
「家族に内緒で申し込みできる?」

当サイトでは島根県で大手消費者金融および中小消費者金融を利用したい方に、人気の即日キャッシングをご紹介しています。家族や知り合いにバレないようにお金を借りるなら、即日融資や即日審査に対応している大手消費者金融および中小消費者金融がおすすめです。スマホから申し込みができますし、最短1時間での融資も可能になっています。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日可能な消費者金融

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とご心配な方へ。ネット審査なら誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいなら大手消費者金融のプロミスの他にモビットも評判です。中小消費者金融の即日キャッシングサービスと比較・検討してみて下さい。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

中小消費者金融一覧表【全42社】

今回、キャッシングサービスを比較・検討した全国の中小消費者金融の一覧になります。 大手消費者金融のキャッシングサービスと比較・検討する際にご活用下さい。

名称実質年率限度額
フタバ14.959~17.95%50万円
セントラル4.8~18.0%100万円
フクホー7.3~18.0%200万円
アロー15.0~19.94%200万円
ダイレクトワン4.9~20.0%300万円
ライフティ8.0~18.0%500万円
ベルーナノーティス4.5~18.0%300万円
キャレント7.8~18.0%500万円
ニチデン7.3~17.52%50万円
アルコシステム15.0~20.0%50万円
スペース8.0~20.0%500万円
ビアイジ15.0~18.0%100万円
いつも7.0~18.0%50万円
AZ7.0~20.0%1000万円
アイアム18.00%50万円
アストキャッシング14.9285%~17.9215%100万円
アルク10.0~18.0%50万円
エイワ17.9507~19.9436%50万円
エクセル15.0~20.0%50万円
エニー15.0~20.0%100万円
オリーヴファイナンス15.0~20.0%50万円
キャネット15.0~20.0%300万円
グッドファイナンス10.0%~20.0%1000万円
ケンファイナンス7.0~20.0%300万円
ショーエイ15.0~20.0%100万円
しんわ7.0~18.0%300万円
スカイオフィス15.0~20.0%50万円
スピリッツキャッシング15.0~20.0%50万円
ハローハッピー10.0~18.0%50万円
フジクレジット14.6~20.0%100万円
プラン15.0~20.0%50万円
プログレス15.0~20.0%50万円
マイフィナンシア14.95~17.95%100万円
ミリオンインベストメント18.00%50万円
もみじファイナンス15.0~20.0%50万円
ユニーファイナンス12.0~17.95%300万円
ユニズム15.0~20.0%50万円
ライオンズリース15.0~20.0%300万円
ローンズ・マルキ10.0~20.0%50万円
新大阪ファイナンス15.0~20.0%50万円
中央リテール10.95~13.0%500万円
田中商事15.0~20.0%50万円

島根県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

消費者金融の基礎知識コラム

キャッシングを利用していると、まだ借入限度額に達していないのに、ATMで借入可能金額のところがゼロ円になっていて、それ以上お金を借りられないことが、稀にあるようです。

これは、業者がキャッシングの利用を停止したということでしょう。

よくある原因としては、そのキャッシングを利用中に、多数のキャッシングサービスと契約した場合は、それ以上の融資を停止させられるようです。

利用停止措置を取られると、手持ちのカードは返済専用として使うしかありません。

カードローンだけの話ではないのですが、お金を借りようと思ったときに、貸す側が何より気にすることと言えば、借りる人がちゃんと返済できるのか、その能力があるのかということですよね。

だから、これから住宅ローンを受けようと考えても、審査の段階でカードローンを利用していると、果たして住宅ローン返済の予定が立つのか、その能力があるのか、などの不安要素によってあまりうまく事が進まない可能性があります。

キャッシングサービスに申込申請する際には、身分証明書が絶対に要ります。

運転免許証が一般的ですが、これがない時にはパスポートや健康保険証が本人確認としての効力を持っています。

ちなみに、どれか一つでよいので、用意しやすいものを使ってください。

免許があれば、そのほかの書類を取り寄せなくても大丈夫です。

あるいは、住民基本台帳カードや個人番号カード(マイナンバーカード)でもOKなところもあります。

よくカードローンという名称が使われていることから明らかですが、ATMでカードで借入するのが一般的です。

しかし、インターネットが普及したので、銀行口座に振り込む方法で借入するケースも多くなっています。

今では、ケータイやスマホを通してインターネットを使えるので、すぐに客が希望する口座に振込みを行ってくれるという金融会社も珍しくないのです。

一度に返済できるくらいの少額キャッシングなら、利息を払わなくても良い期間がある金融業者を利用してみるとそのお得さに気付くと思います。

無利息期間内にまとめて返済が可能であるなら余分な利息が一切かからないわけですから、利用者にとって非常にお得で便利なサービスなのです。

また、一括での返済をしないような場合でも無利息OKの期間があるような金融業者の方がお得に借りられるといったことも多いようなので、それぞれじっくり比較検討してみると良いでしょう。

キャッシングの利用は手軽で簡単なので、つい使い過ぎてしまう傾向があります。

返済能力を超えた借入をしてしまい、毎月の返済が負担になる人もいるでしょう。

中には踏み倒すことを目論む人もいますが、ハッキリ言って逃げ切れる可能性は相当低いです。

キャッシング業者からの踏み倒しを考えた場合、最後の手続きから5年経てば返済義務は消滅します。

ただ、その間に一度でも連絡が付いてはいけませんから、携帯電話などのすべてを解約し、住民票を移すこともできずに逃げ回らなければいけません。

また、5年という期間がさらに伸びる可能性があります。

業者もプロですから、踏み倒されないようにあの手この手を使ってくるでしょう。

もし、仮処分や差し押さえなどが施行されると、時効はストップし、場合によってはさらに期間が追加されてしまうのです。

逃げるという選択肢は捨て、返済可能な方法を探って下さい。

これからも定期的にお金を借りることを想定しているのであれば、行きやすい場所にATMがあるかどうかを見てから業者を選ぶのも一つの手です。

近くにATMがあると、すぐにキャッシングを利用してしまうのではないかと心配な場合は、生活圏から離れた場所にATMのある業者にするのも間違いではありません。

ですが、返済もしにくくなることは忘れないでください。

ご自身の性格や環境を踏まえ、それぞれのメリットやリスクを知ってから業者を選ぶと、失敗も少ないでしょう。

金融業者からキャッシングをするというのは住宅ローンなどとは異なり、生活に使う少ない金額を借金するという意味合いを持っているのです。

大体の場合、金融会社から借金をする際にはさまざまな保証をきちんと用意する必要が出てきます。

ただ、大金を借り入れるというわけではないケースでしたらわざわざ連帯保証人を付けたり、物件をカタにする骨の折れるような手順を踏まなくて済みます。

利用者ご自身だと証明することが出来る資料を提出すれば、すべて完了となりますから、気軽に利用できます。

初めてキャッシングをするときは、利率や手数料も気になりますが、安心感も大事ではないでしょうか。

私は大手の中から選びました。

電車広告などでお馴染みのSMBCモビットやノーローン、駅前で見かけるアコムやプロミスといった消費者金融系が認知度も高いでしょう。

広告費のぶん高い利息なんじゃと思いがちですが、実際のところ真逆で、大手の特長は低めの利率設定でしょう。

返済するときは、元金に利息分を加えたものを支払うので、大手ならではの低い金利負担で月々の返済額が減り、延滞して結果的に高くつくことを考えたら、最初から利率の低いところを選んだほうがいいでしょう。

キャッシングするには、勤務先名とそこでの勤続年数を申告することが求められます。

債務者になろうとする人物の返済能力の有る無しを判別するのがその目的です。

その後、勤務先に在籍の事実を確認する目的の電話等が来ることになります。

職場への連絡を嫌う人もいると想像できますが、昨今は消費者金融であることを伏せる配慮をしてくれるでしょう。

おすすめ1位のプロミス